日本の医療マンガ50年史
医療マンガレビュー

『Mom’s Cancer』
『母のがん』日本語翻訳版あり

家族の死/肺がん

『Mom’s Cancer』<br> 『母のがん』日本語翻訳版あり
キーワード
家族の死/肺がん
作者
ブライアン・フィース
作品
Publication Date:2006年
Publisher:Abrams

※「初出」は単行本のクレジットに基づいています。

 肺がんにかかった60代の母親をめぐり、長男の作者、看護師の妹など家族のそれぞれが病気に対して、いかに向き合うかをめぐる回想録である。本人のみならず家族にとっても、それまでの日常のあり方が病気によって大きく変容を迫られるなか、日々の病状の変化に一喜一憂しながら、それぞれの思惑がすれ違ってしまう様子を丁寧に描いている。アイズナー賞に新設されたデジタルコミック部門を受賞していることからも、ウェブ媒体での発表の際から評判を呼び、医療者教育の教材としても多く用いられている。日本でも、愛知県がんセンター緩和ケア病棟主催による読書感想文コンクールにて2019年から課題図書に設定されており、中高生からも鋭く多彩な考察が寄せられている。家族のケアという観点をめぐり、同じ作品の一場面からでもさまざまな視点からの考察が可能となるグラフィック・メディスンの代表作である。

【執筆者プロフィール】

中垣 恒太郎(なかがき こうたろう)
専修大学文学部英語英米文学科教授。アメリカ文学・比較メディア文化研究専攻。日本グラフィック・メディスン協会、日本マンガ学会海外マンガ交流部会、女性MANGA研究プロジェクトなどに参加。文学的想像力の応用可能性の観点から「医療マンガ」、「グラフィック・メモワール」に関心を寄せています。